文字サイズの変更
標準

米の品種


コシヒカリ

コシヒカリは、日本のイネの品種の一つでカタカナ表記が正式名称です。昭和から平成にかけて、日本各地で栽培される品種です。1956年(昭和31年)、 水稲農林100号「コシヒカリ」として命名登録され、1979年(昭和54年)から作付面積1位を続け、2005年には作付比率38%になっています。

米の粘りが強く食味に優れる品種ですが、栽培上は倒伏しやすい等の欠点も併せ持っています。


夢ごこち

夢ごこちとは(株)植物工学研究所(三菱化学グループ)が、コシヒカリを積極的に突然変異を起こさせて品種改良し誕生した、究極のお米です。
抜群の粘り、冷めてもおいしいお米です。特に冷めてからは、よりおいしくなるようなお米ですので、お弁当やおにぎりなどに最適です。コシヒカリを超える米というキャッチフレーズです。


ミルキークイーン

ミルキークイーンは、南東北地方以南の栽培に適する低アミロース品種で、コシヒカリと形態的・生態的特性、栽培特性などが全く同じです。玄米はやや白濁し、アミロース含量は10〜12%で、一般飯米、加工米飯などに適しています。
炊飯米は,光沢がよく、粘りが強く、軟らかい。加水量を10〜15%減ずると、ほどよい硬さになる米です。


恋しぐれ

日本で最も多く栽培されている品種はコシヒカリです。しかしコシヒカリには背が高く、風雨で倒れやすいという欠点があります。そこで、コシヒカリの耐倒伏 性を向上させ、その他の形質は従来のコシヒカリと同等である米の品種がコシヒカリつくばSD1号で、別名恋しぐれと呼ばれています。
食味に関しては、(財)日本穀物検定協会による食味官能試験結果において、コシヒカリつくばSD1号は従来のコシヒカリを上回る粘り、外観、味であるとの評価をされています。


農業生産法人 関農産   〒300-4232 茨城県つくば市北太田604番地の3
TEL:029-867-2980 FAX:029-867-3502